脳波調整サウンド tranquillo~静謐心~

【 脳波調整サウンド tranquillo ~静謐心(静かで落ち着いた心)~】

https://youtu.be/ql5w39mRhms

仕事・家事・人間関係などでストレスの溜まった脳と
身体をリラックスさせ、ハートを開くサウンドは、
癒されながら全脳を活性化し、幸運体質へと導かれ、
あなたの人生を好転させてくれることでしょう。

このサウンドは、位相を微妙に変動させるという、独自に
開発した音響技術により、曲全体の音像にゆらぎをあたえ、
うねりや共鳴を発生させることで、全脳を活性化し、
癒されながら能力開発が可能なサウンドとなっています。

tranquillo(トランクイロ)とは、イタリア語の音楽用語で「静かに」の意味です。
副題の静謐(せいひつ)とは、 静かで落ち着いていること。
また、世の中が穏やかに治まっていること、という意味があり、
英語では peacefulness となります。
一人ひとりの心が平和で満たされることで、世界中の人々が
幸せになることを願っています。

※効果を早めようとして、音量を上げる事は逆効果です。
聞き分けができる程度の小さめな音を聞く。これが重要です。

※通常の脳波調整音源は、ヘッドフォンで聴く必要がありましたが、
このサウンドは、ヘッドフォンでなくても効果があります。
その場合は、スピーカーの正面で聴くようにして下さい。 

♪—*—♪—*—♪

現代人は、誰もが多くのストレスにさらされていますので、
脳波が乱れた状態になっています。

そのような疲れた脳の状態では、能力開発やイメージトレーニングに
取り組もうとしても、効果的な脳波の状態にシフトし、結果を出せる
までに、かなり時間がかかってしまいます。

いきなり様々なエクササイズに取り組む前に、まずは、脳波と整え
リラックスし、心と身体を解放することで、受け入れやすい状態で
取り組むことが、効果をあげるための近道となります。

今回の脳波調整サウンドは、疲れた脳を5分でリラックスさせ、
マイナスの思考や仕事のストレスなどで雑然と乱れている脳波を整理し、
調整をしてから、次なるセッションを行う準備となる、
プロローグ(導入)的な役割のサウンドです。

疲れている脳波を整えることで、次に、必要な脳波へのシフトが
簡単に行えるのです。

従来の、能力開発系の音源は、頭をスッキリさせるためのものは
β波がきつく、聴いているときは頑張れますが、心地よさはなく
聴いた後、非常に疲れが出てしまうものでした。

また、α波やθ波を誘導する、リラックス系の音源は
聴くとすぐに寝てしまい、トレーニングにならないという
難点がありました。

それらの問題点を解決して、心地良く、リラックスしつつも
頭はスッキリとした状態を導きた出すために、このサウンドは
全脳波帯に調整し、これだけループで聴いても効果あるように
作られています。

この音楽を聴くことで、リラックスをして心を開いた状態で、
本を読めば、潜在意識にダイレクトに届きやすくなるでしょう。

また、BGMとして流せば、過度のストレスを軽減し、
楽しくお仕事や家事をこなすことができるでしょう。

仕事やビジネスにおいては、ただひたすら努力するだけでは
結果は出せません。

まずは、潜在意識をクリーニング、そして、『成功の波長(波動)』
にチューニング(波長共振)することで、努力が空回りすることなく、
良い結果を引き寄せることができるようになるのです。

♪—*—♪—*—♪

何度聴いても、聴くたびに至福感が高まり、涙が溢れてきます。
ハートチャクラのあたりも、とても熱くなってきます。

美しいヴァイオリンの音色と相まって、純粋で清らかな波動に
優しく包まれ、魂が浄化され、輝く光の世界に溶け込んで
いくようです。

効果設定を、あまり、きつ過ぎないようにしていますので、
従来の右脳開発系音源にありがちな、頭がクラクラしたり
頭痛がすることもなく、頭も心もスッキリ爽やかになりますので、
BGMとして流していると、仕事もとてもはかどります。

さらに、、、
ラッキーな出来ごとが、立て続けに起こってきました。

ずっと音信不通だった方たちが、急に連絡を下さるようになり、
しかも良い話も一緒に運んで来てくれたり、、、
HPのアクセス数が、突然、20倍に激増したり、、、
奇跡としか思えないシンクロが、次々起こっています☆☆☆

このサウンドで、一人でも多くの方が、心と身体のコリをほぐし
ハートを開いていただけたら、私もとても嬉しいです(*^-^*)
みんなで幸せになり、無限の豊かさを循環させましょう♪♪♪

♪(〃⌒▽⌒)八(〃⌒▽⌒〃)八(〃⌒▽⌒〃)八(⌒▽⌒〃)♪

MP3ファイルのダウンロードはこちら♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする