スワイショウ(腕振り運動)で健康と運気アップ!

スワイショウは、腕振り体操、腕振り運動ともいわれています。

腕振り運動とは、
中国の『達磨易筋経』の秘儀「健康長寿の秘訣」として書かれていたもので、
グラビトン(重力子)の研究で有名な工学博士の故・関英男博士が実践していた体操です。

達磨大師は「禅」の祖です。
禅とは座禅を組んで精神統一を図る修行ですが、腕振り運動は「動禅」といわれています。
腕を前後に振り続けることで徐々に骨格が調整され、万病が改善されていくという理論です。

関博士は80代で自身の胃癌を治すために腕振り運動を始め、
90歳を過ぎても毎朝2000回くらい行なったそうです。

そして関博士は、胃癌も治り、年を取るごとに元気になり、視力も良くなり、
90歳を過ぎても元気に世界中を飛び回り、頭脳も全く衰えず、
熱心に研究をされ、97歳まで健康で活躍されました。

腕振り運動で治った病気

関英男博士が著した、専門家向けのテキスト「宇宙学序章グラビトニックス」によれば、
この腕振り運動で治った病気として下記のものが取り上げられています。

・肺癌(午前2000回、午後2000回、夜2000回を5ヶ月)
・関節炎
・食道癌
・頚部リンパ線癌(1日1000回)
・半身不随(5、6ヶ月)
・肝硬変
・白内障(朝800回、夜1000回で4週間)
・トラコーマ、色盲、まぶたに生じるこぶ
・心臓病、高血圧
・神経症、精神分裂症
・腎臓病

また、腕振り運動は、船井幸雄氏によって「両手振り体操」の名前で
広く知られるようになりましたが、船井会長は毎朝1000回くらい行なって、
0.05だった視力が約3年で0.9まで回復し、眼鏡が不要になったそうです。

そして腕振り運動後、携帯電話やテレビ等の電磁波の悪影響を
受けなくなることが、Oリングテストによって確認されています。

また、スワイショウ(腕振り体操)には下記の効果もあるようです。
・仙骨が高速で回転することにより、全体の波動も上がってくる。
・血液の循環が良くなり、内蔵の働きがよくなる。
・近眼、老眼、白内障などが改善する。視力がよくなる。
・神経症、うつ病にも効果がある。
・肛門が上がる(引き締まる)ので、尿漏れや腸の状態が改善する。

なぜそのような効果が出るのか?

腕振り運動では、両手のひらは、内側に向ける流派や、下に向ける流派がある。
関博士のものは、両手のひらを内側に向けて向かい合わせるのであり、
向かい合わせた両手のひらから(正確には気道から)重力波が放射され、
この時、クオーク(素粒子の一種)の渦が発生し、
これにより、複数の重力子が結合した粒子(GTP)が発生(物質化)する。

このGTPが病気治癒などの効果を起こす原因である。GTPは、
生まれた時は多量に持っているが、時と共に減少する一方で増えることはない。
しかし、腕振り運動をすることで、これを増やして体内に蓄積できるのである。
これにより、我々の夢である若返りが実現する。

尚、GTPの物質化については、空論ではなく、関博士は実験でも確認を行っている。

腕振り運動のやり方

1.自然に立つ。両足は少し開く。足の外側の距離が肩幅位だが、適当で良い。
2.両足を踏みしめるような気持ちで立つ。
3.両腕を、前に水平に上げる。掌(てのひら)は内側に向け指は自然に伸ばす。
4.両腕を揃えたまま、後ろ45度まで振る。この45度は目安であり、適当で良い。
5.後ろに振った後は力を抜き、腕が自然に前に振られるようにする。

効果がアップする時間と方向

グラビトンエネルギーが1日の中で最も多い時間帯は日の出前です。
また、夜中の0時ちょうども良いようです。
方角は東を向くのが基本ですが、北を向くのも良く、最も良いのは、
東北方向を向いて腕振りすると、エネルギーを受け取りやすいようです。
逆にエネルギーを出すときは、西南の方向に向けると伝わりやすいようです。

注意事項

1.後ろに振る時は、少し力を入れ、前に振る時は力を入れない。
2.腕は常に真っ直ぐ。ただし、無理に力んで伸ばすようなことをしない。
3.両掌(りょうてのひら)も、常に内側に向け、指も伸ばす。ただ、これも無理に力んで伸ばすのではなく、自然で良い。
4.肩の力は抜く。
5.胸を張らない。かといってうつむかず、自然に。
6.背筋は自然に真っ直ぐにする。背中が緊張するほど力んで真っ直ぐにする必要はない。
7.呼吸は自然にする。
8.あまり力強く振らない。静かに優雅に振る。腕が勝手に振られているような感じが理想的である。

全体を通し、肘を曲げず、常に腕は左右同時で平行になるように振ることが大切。
また、肩の力をなるべく抜き、気楽に優雅にやって欲しい。
スポーツ運動とは違うのです。
腰や肩が前後に微妙に動くが、これが仙骨の働きです。
この動きは自然に任せる。それで仙骨が調整される。

手を振るときは、身体を直立させ、足はしっかりと
大地をつかまえていなければならない。

足と足の間隔は肩の幅とし、両腕は一緒に前または後に振り、
後に振るときは少し力を入れ、 前に振るときは力を入れず、
反動で戻って来るようにし、両腕は真直ぐに伸ばし、曲げるのはよくない。

目は真直ぐ前方を見、心に邪念を懐かず、黙って数を数える。
または「南無阿弥陀仏」の六字を心に念じるのも良い。
「ありがとうございます」と念じたり、「洗心、洗心」と念じても良い。

わたしの場合は、花音サウンドをBGMにしながら
延命十句観音経を唱えたり、光明真言を唱えたり、
般若心経の最後のマントラ部分をサンスクリット語で唱えたり、
「ありがとう、愛してる」を唱えたりしながら行っています。

また、10数えて息を口から静かに吐ききり、10数えて息を静かに鼻から吸い、
10数える間、下腹(丹田)と肛門(会陰)に軽く力を入れて、息を止める。
これを繰り返しながら、
頭頂から20cmぐらい上のあたりに意識を集中するのも良いようです。

回数は、少なくとも1度に200~300回。出来れば500回以上が良い。
関博士は、健康維持のためには1日500回。
病気治しのためには2000回と言われている。

さらに、超能力の開発には1日3000回以上。
仙人や導師を目指すなら、最低1日8000回とも言われています。

目安として、1日合計で、1000回から3000回を行えば、
当面の効果としては気力が充実し、体内の気が活性化されて若返り、
病気が治ったり、記憶力が良くなるなどの効果があるようです。

肩こりやストレス、疲労、眠気などには10~20分くらいで
身体の邪気払いや、瞑想、集中力強化なら30~40分、

40分(2000回)ぐらいやると、第1チャクラ~第3チャクラまで安定し
しっかりとグラウンディング出来ているのがわかります。

わたしは、回数はカウンター(数取り器)を使って数えています。

安保徹氏『医者いらず老い知らずの生き方』より

『免疫革命』で有名になった新潟大学歯学部総合研究所教授の安保徹氏は、
船井氏との共著『医者いらず老い知らずの生き方』の中で下記のように述べています。

「一つの運動を根気よく続けることで若さが維持できる
両手振り体操の効果は、まず背骨がまっすぐに伸びることです。

また、両手を振るときに、両足の親指に力が入って腰の裏側にある仙骨が
後ろから押されるような感覚があります。
現代人は猫背の人が多いのですが、これが改善されて姿勢がよくなります。
同時に、臍下丹田に力が入るので、下半身が安定してきます。

両手振り体操では、振ること自体にも効果があります。

日頃なかなか鍛えることのできないインナーマッスル、すなわち身体の内側の
小さな筋肉が刺激を受けて活性化することにより、身のこなしが軽やかになります。
パッと立ち上がったり、スタスタ歩いたりできるようになるのです。

さらに、後ろに腕を振ったときに胸が開くので、
胸腺の働きが活性化している可能性もあります。

私は生物が水の中にいた時代に獲得した古い免疫系と、
陸上に上ってから獲得した新しい免疫系があることを解明しました。

新しい免疫系は胸腺などにあって、加齢とともに働きが衰えます。
しかし、両手振り体操は、この新しい免疫系を賦活化している可能性があるのです。

単純な運動でも、何か特定の運動を熱心にやることが、全身の筋肉強化につながります。
一つの運動を続けるだけで健康的な身体を維持できるのです。
大切なのは、その運動をやりつづけることです。

ですから、お年寄りは、若い人たちがやるような本格的なトレーニングをしなくても、
ちょっと力を入れるだけの単純な運動の継続が大きな効果を発揮するのです。

両手振り運動は一見、腕の筋肉しか使っていないようにみえますが、
勢いよく腕を後ろに振ったときに上半身全体に刺激がいきますし、
上半身を支える下半身にも負荷がかかります。結果として全身運動になるのです。

単純な運動のいいところは、やるのが面倒にならないことです。
複雑な体操では毎日やるのが面倒になってしまうこともあります。
ラジオ体操ですら、けっこう複雑です。

面倒な動きが入っていると、途中でやるのがおっくうになって結局、
続けられなくなることが少なくないのです。
ですから、単純で続けることが苦にならない運動のほうが、
結果として効果を発揮するのです。
両手振り体操は、その点でも優れています」

安保教授は、著書「免疫を高めると病気は必ず治る」の中でも腕振り運動を紹介し、
250回(約5分)を1日4回行なうことを勧めている。

腕振り運動で、五十肩や眼病が改善されたり、医学的に説明できない現象が
多数報告されているが、
船井氏は「腕振り運動で背骨が真っ直ぐになることで万病が改善される」と考えている。

仙骨の重要性について

スワイショウによって仙骨のバイブレーションが高まり波動が上がる
と言われています。

仙骨とは、人体のほぼ中央に位置し全身200個の骨を総支配し、
身体のかなめとして全身の機能(筋肉、内臓、諸器官等)を
コントロールしている人体にとって最も重要なパーツです。

仙骨は回転するコマのよう高速回転でバイブレーションをしている骨でもあり、
このバイブレーションのスピードが高速で安定するれするほど、
その人のエネルギーも高められ、健康体になったり運気が上がったりします。

逆に仙骨のバイブレーションが下がれば病気や老化現象が起こったり、
運気も悪くなると言われています。

その役割は、肉体面、精神面、魂、さらには前世の記憶なども封印されており、
別名「パンドラの箱」とも呼ばれている骨でもあります。

パンドラの箱「仙骨」
http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51829794.html
仙骨の怪しい話
https://ameblo.jp/seiichiro-shimono/theme-10089644215.html

まとめ

視力向上や30歳若返るとか、癌や鬱などへの効果が報告されてますが

それは
仙骨のバイブレーションが正常になる、
幸せホルモンと言われるセロトニンや、
脳内麻薬と言われるエンドルフィン、
病気を治すと言われるGTP(グラヴィトン粒子)
などが増加することが関連しているようです。

*~*~*~*~*

こんなに効果があって、簡単で、お金もかからない
っていうんだから、やるっきゃない♪

以前やめた理由は、
そんなに腕を振ったら、肩の軟骨が擦り減って、
ヴァイオリンの演奏に支障をきたしたら大変だ
と思ったからなのですが、

アボカドが軟骨を再生すると知って
毎日アボカド食べながら腕振り体操しています。

アボカドが膝痛に効く理由は、
中に含まれているASUという成分があるからです。

ASUはアボカド大豆不けん化物とも言われ、軟骨が溶けるのを防ぎ、
傷ついた軟骨を修復することを助ける働きがあると言われています。

また、膝軟骨を壊す酵素をつくらせない働きがあるので、
膝痛の軽減、動きが良くなるなどの膝痛の改善を確認することもできます。

また、老化防止にもなるビタミンEも多く含んでいるので、
老化が気になる方にも効果的な食べ物と言えます。

欧米ではすでにアボカドから抽出した成分を変形性膝関節症の薬として
販売されているなど、アボカドの成分を商品化して膝痛改善に
取り組んでいます。

膝痛にアボカドが効くって本当?たけしの家庭の医学で話題に!
https://sportsflyhigh.com/hizatsu-abokado/

たしか、テレビでは、軟骨を再生できるのは
アボカドしかない、とドクターが言っていました。

アボカドの食べごろのものを毎日入手するのは難しいので
わたしは、冷凍アボカド スライス 500gを買って利用しています(*^^*)

このスワイショウは、毎日コツコツやることが大切ではありますが、
即効性もかなりあると感じています。
やったその日からグッスリ眠れて、夜中に1度もトイレに起きませんでした。
もともと良く寝れるタイプではありますが、トイレの回数が減って嬉しいです♪

近いうちにフォーグを購入して、時短効果も検証してみたいと思っています。

<参考サイト>
腕振り運動の効果、最新レポート
http://www.kaynotes.com/archives/2721442.html

万病を癒す!『腕振り運動』のヤバすぎる効果!
https://matome.naver.jp/odai/2136133519411366001

骨格矯正で万病を治して不老不死に導く「腕振り運動①」
http://japan666.seesaa.net/article/122492739.html