延命十句観音経の奇跡の効果

~延命十句観音経の奇跡の効果~

観音経は以下のような状況で非常に効果的に働き、
状況を好転させたり、癒しを導いたりすることが報告されています。
心が落ち着くまで、あるいは状況が好転してくるまで繰り返し唱えます。

・心身の不調や疾患
・不安なときや自己嫌悪に苦しむとき
・誰もいないのに不穏な気配がするとき
・霊障(憑依、金縛り、その他)
・特に金縛りや、近辺で霊的に嫌な感じがするとき
など

このお経を心の中で唱えるだけで、金縛りが解け、
状況が好転するのは頻繁に報告されています。

感謝を持って謙虚に、そして無私無心に唱えると、
相当の霊障にも効果がある場合もありますのでお試しください。
誰かのために唱えてあげることもできます。

迷った時や心が落ち着かない時にとても心穏やかになり
とても効果的なお経です。

また、唱える時によって感じ方も違うため新たな発見を促します。
雑念から解放されるため、瞑想時に唱えるのも効果的です。
ぜひ日々のお役に立てていただければ幸いです。

*宗教的意図をもってご紹介するものではありません。
ヒーリング効果のある言霊としてご活用いただければ幸いです。

延命十句観音経(えんめいじっくかんのんきょう)

福井県小浜市の曹洞宗発心寺の住職だった原田祖岳老師(1871-1961)は、
その著書「延命十句観音経講話」の中で「観世音」という一句は
「全宇宙の声」、「全自己の叫び」、自他を超越した忘我の叫びだと書いています。

観世音 南無仏 (かんぜーおん なーむーぶつ)

与仏有因 与仏有縁 (よーぶつ うーいん よーぶつ うーえん)

仏法僧縁 常楽我浄 (ぶっぽうそうえん じょうらくがーじょう)

朝念観世音 暮念観世音 (ちょうねん かんぜーおん ぼーねん かんぜおん)

念念従心起 念念不離心 (ねんねんじゅうしんきー ねんねんふーりーしん)

<現代語訳>

観世音よ、仏陀に帰依します

仏陀(が仏陀になったこと)にも原因があり

仏陀(が仏陀になったこと)にも条件がある

(よって私も)仏・法・僧との縁によって

常・楽・我・常(という大いなる平安の境地)に達し

朝に観世音菩薩を念じる

夕に観世音菩薩を念じる

この念は心から生起するものであり

この念は心から離れるものではない

南宋の天台宗の僧侶が、釈尊をはじめとするインド・中国の
高僧たちの伝記などから編纂した「仏祖統紀」という文献の中に
次のような話が載っています。

ある武将が、北方の征伐に失敗し、惨殺されるという日の前夜
「この観音経を1000回唱えれば刑を免れるだろう」
という夢を見、観音今日を授けられます。
お告げ通りにしたところ、刑執行の中止の報せがあったと伝えられています。

また、女性が失明してしまって失意の中にあるとき、
夢に在家の人が現れて「十句観音経」唱えるようにとのお告げがあり、
その女性は、お告げ通りに唱えると、その両目はふたたび光を取り戻したといいます。

この「延命十句観音経」は命を延ばすといわれています。

江戸時代に白隠(はくいん)禅師という臨済宗のお坊さんが、
北野天神の神様に、「このお経を広めて多くの人を苦難から救い出してほしい」
と頼まれたことから始まったそうです。

白隠禅師は「延命十句観音経霊験記」という本を書いていて、
この中にはお経を唱えて救われた人々の体験談が数多く集められています。

現代でも、医者が見放したような病気の方のために家族の方が何千回、何万回と
唱えられてその病気が消滅してしまったという話が実際に数多くあるそうです。

「三千回唱えたあたりで消滅する。
 残り七千回をお礼と今後の健康のために唱え一万回が標準である」
とおっしゃる方もいます。

健康な方でも、一万回唱えると不思議な境地を得て、
物事が驚くほど無理なくスムースに流れるようになる、
苦しみが消えていくと説明する方もいるそうです。

七田チャイルドアカデミーの七田眞先生も
この観音経の絶大な効果を実感して推奨しています。
著書「音読革命―右脳が開花する名文集」の中では、
延命十句観音経を一万遍唱えると超能力が身につくとも書かれています。

ただし、左脳の意識を保ちながら唱えるのではなく、
右脳の意識に入って唱えるのが大切なのだ、ということで、
無心で唱えることが大切なようです。

白隠禅師が記した『延命十句観音経霊験記』より

京都三条通りの町家に住む何某かの妻が
難治の重病に罹って、治療の術もないという
状態になってしまいました。

夫は、もはや神に頼るしかないと、
毎夜「北野天神(天満宮)」に
丑の刻参りをいて救いを請い願います。

七日間の満願の夜、祈りを終えて神前を辞し
真っ暗闇の中を歩いていたところ、
前方にほのかな明かりが見えました。

なぜか茶店が一軒、こんな深夜なのに
店を開いているのでした。

夫は、そこで少し休んで行こうと立ち寄ります。
すると、老僧が一人、床几に座っていました。

老僧は、夫に尋ねます。

「あなたは最近、毎夜神前に詣でておられるが、
何か願い事があるのですか」

夫は、妻の病気が重いことを語りました。

老僧は指を折って、卦を立てているような様子でしたが、
眉をひそめてため息をついて言いました。

「なるほど、これは死に至る重病です。
どんな名医であっても、針灸薬の力では、
とてもこの人は救えません。

しかし、ただひとつだけ道があります。
大変霊験がある貴いお経があります。

そのお経を一家全員で、病人を取り囲んで称えなさい。
そうすれば、その日のうちに病気は快方に向かうでしょう」

夫は大変喜んで、そのお経を授けてくださるようお願いしました。
老僧は夫にお経を口伝えで教え、二~三十遍称えているうちに、
暗誦できるようになりました。

そのお経が『延命十句観音経』だったのです。

そして、夫は老僧に感謝礼拝し、喜び勇んで家に帰りました。

家に変えると、不思議なことが起こっていました。

家族一同が病床を囲んで、声高くお経を唱えているのです。
何とそのお経は、先ほど伝授された『延命十句観音経』でした。

夫は大変驚いて、家族に事情を尋ねると、こう言うのです。

「先ほど気高い老僧がどこからともなく現れて、
こうおっしゃったのです。

『この病人は、どんな名医が、どんな秘術を尽くして治療しても、
回復させることはできない。

しかし、ただひとつ、道がある。

大変霊験があるお経があって、家族全員で、病人を取り囲んで
想いを合わせて、声を合わせて称えれば、その日のうちに
病気は快方に向かうだろう』

そして、二~三十遍一緒に称えてくださって、
さらに家族一同で、病人を囲んで称え続けていたのですが、
気づいてみれば、その老僧はまるで掻き消えたように
どこにも見当たらなくなっていました」

夫が、その老僧の歳の頃、お顔立ち、袈裟衣の色などを
家族に尋ねたところ、北野の茶屋にいらっしゃった老僧と
同じ方であるということがわかりました。

それを聞いて、みなみな歓喜して手を合わせ、
「ありがたや、北野の天神様が、私たちにこのお経を唱えさせ、
その“経力”で病人を救ってやろうと、身を二つに分けて、
同時に二ヵ所に現れて、貴いお経を伝授してくださったのだ」
と喜びました。

そして家族一同でますますそのお経を称え続けたところ、
その日のうちに病人の食が進むようになり、次第に元気が出て、
やがて全快できたということです。


『延命十句観音経霊験記』で報告されている15件の霊験は
以下のように分類できるようです。

1.重病が癒えた霊験 8件
2.死刑をまぬがれた霊験 2件
3.拘束監禁された状態からの解放 1件
4.死後の蘇生 3件
5.虚弱体質の改善 1件

上記の内容から、このお経の効き目は、
延命の名の通り、命を延ばしてくれる効果があるようです。

<参考書籍>
劇的に運が良くなるお経 般若心経・延命十句観音経篇

セルフヒーリングを行うのが難しい方へお勧めの有料ワーク

☆肉体的症状の緩和・改善と心の問題を解決

☆自己治癒力が活性化され、身体の肉体的・エネルギー的バランスを整える


<参考ページ>
リーブスブログ 恐ろしいときの対処法
リーブスインスティチュート ジャーナル 延命十句観音経(えんめいじっくかんのんきょう)