脳波調整サウンド 夢(夢想)/ドビュッシー

【脳波調整サウンド 夢(夢想)/ドビュッシー】
Photo 厳寒の北海道 サホロの夜明け

https://youtu.be/8486605Rrls

『夢(Rêverie)』は、フランスの作曲家ドビュッシーが1890年頃に作曲した曲で、
『夢想』または『夢想曲』とも訳されている人気の高い曲です。

ドビュッシーの作品は、モネ、ドガ、ルノワール、ゴッホ等の印象派の絵画と同様、
光と影、色彩、ハーモニー によって、幻想的で独特な音楽を表現しています。

彼は、17世紀後半からロマン派にかけて発展した機能和声、調性の枠を超えた
自由なハーモニーや旋法を用いることによって独自の表現に成功しました。

原曲はピアノ曲ですが、ファンタジックなハーモニーの美しいメロディーから、
これまでにジャズやムード音楽にも編曲され、様々な形で親しまれています。

今回は、花音がハープとシンセ系の音源で、幻想的な雰囲気を表現してみました。

周波数は、444Hzのピッチで、真ん中4Hz、左が5Hz、右が3Hz、
0.5Hzの揺らぎ等も加え、シータ波からデルタ波の
深い眠りを誘導する周波数となっていますが、

曲想が、バッハの淡々として眠りに入れる雰囲気とは異なり、
安らかな眠りというよりは、タイトル通り、夢想、妄想、白昼夢、明晰夢、、
といったようなイメージがあります。

なので、この曲を聴きながら瞑想すると、異次元トリップができる、、、
、、かもしれませんね♪(*^^*)

出だしのボリュームは、かなり小さめに設定していますが、
途中から、多少大きくなりますので、あまり音量を上げない方がよいです。
BGMとして小さい音で楽しんでいただければと思います♪

MP3ファイルのダウンロードはこちら♪